NPOオーソティックスソサエティーとは

私たちは1993年より、足に合わない靴を幼少期より履き続けることで起こる弊害を日本の社会問題として認識し、足の変形・歩行障害・姿勢の不良・発育への影響を、研究し、その改善策を訴えてきました。

最近は、子どもでさえも正しい靴選びができず、大切な成長期に足から身体のバランスを崩しています。私たちは、子どもの足を健全に育てることで丈夫な身体を持つ大人への成長につながり、それが将来的な医療費の削減に貢献できると信じています。

このような問題を解決すべく設立されたのが、医療資格を有する者、靴業界、およびそれに賛同する者によって構成された足の専門家集団、「特定非営利活動法人オーソティックスソサエティー」です。私たちは、足の機能や靴、およびオーソティックス(装具学)に関する研究とその応用について広く考え、人々が健康で安全に暮らすことが可能な社会に寄与することを目的に「フットケアトレーナー」を育成し、輩出しています。

事業内容

  • 人材育成を目的とした資格の発行・管理、またそれらに関する事業
  • 「足育」の啓蒙・普及に関する事業
  • 一般製品の開発協力・効果検証、またそれらに関する事業
  • 足の機能や靴、および装具学に関する研究とその応用に関わる事業

社会貢献活動

各種公共施設や企業・団体を対象に、足の計測会や相談会などのイベントを実施、幅広い啓蒙活動を行っています。

幼稚園児を対象に行った足の計測会では、大きすぎる靴の問題や足幅が細目の傾向にあることなどが判明、マスコミを通じて、広く社会に警告を促すメッセージを発信

靴関連の展示会でも、業界関係者に足の計測会を実施、当法人の活動を積極的にアピール

「足の健康広場※(参加無料)」は、足や靴のトラブルで悩みを持っている多くの方から毎回喜びの声をいただいています。

※「足の健康広場」は、2005年から一般の方を対象に、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、沖縄など全国主要都市を中心に開催。講演会、計測会、相談会を3本柱に、足や靴のトラブルでお悩みの方を解決へ導くお手伝いをさせていただくイベント

学術活動

当法人設立以来、日本を代表する足や靴に関する学会で、数多くの研究成果を発表、高い評価を獲得しています。

NPOオーソティックスソサエティーセミナー。
グラフは、学会で発表された子供の足サイズが幅広ではなく細くなっていることを示している

教育活動(フットケアトレーナー資格取得)

当法人の理念を持った人材を教育することを目的に設立されたのが、「フットケアトレーナー」の認定制度です。資格取得のためのDYMOCO講習会、スキルアップ勉強会や認知向上を目指すオープンセミナーを開催し、足や靴に関する正しい知識やトラブルの予防・解決方法を広げる活動を行っています。

フットケアトレーナーは、通常の仕事にプラスして、可能性を大きく広げる資格として、現在では整形外科医や理学療法士、柔道整復師や鍼灸師、義肢装具士、靴店やスポーツ店の販売員から一般の方まで全国規模で約1,500名が活躍

医療関係者のみならず、知識や技術を身につけたいという一般の方々も対象とした気軽にご参加いただけるセミナーを実施しています。

スキルアップ勉強会

会員の方で、既にライセンスを取得された方々の技術向上を目的とした講習会や勉強会を実施しています。