いちばん大きな原因は「足に合わない靴えらび」と「間違った靴の履き方」

足に問題を引き起こす靴は「足のサイズより大きな靴」です。
大切な骨や筋肉等をつくる成長期の子どもの足は、とても「やわらかい」状態にあります。

大きすぎる靴は、歩いたり走ったりする際に足が中で簡単に滑り、靴のつま先に指先がぶつかり、容易に足指が曲がってしまいます。

これを防ぐ重要なポイントは、身体測定のように、足の長さ(足長)、甲まわり(足囲)、足の幅(足幅)を半年ごとに測ることです。

そしてもっと重要なのが、足に合った靴を「正しく履く」こと。

一番やってはいけないのが「つま先トントン」!
どんなに大きな靴でも、指先が前に押し込められて指がぶつかります。

靴はかかと部分が一番大切で、かかとがしっかり収まっていないと、靴の中で不安定になってトラブルの原因になります。「かかとをトントン」して、靴ヒモやベルクロをしっかり締める。これがいちばん大切です。

足育を促す「正しい靴の選び方」とは?

  1. POINT 1

    子どもの足はすぐ大きくなると思っていませんか?
    一般的には子どもの足は半年で5ミリくらいしか成長しません。
    大きすぎる靴を選ばないで、つま先部分のゆとりが5ミリ位の靴を選んでください。
    このとき靴に書いてあるサイズを鵜呑みにしないで、履いてみて選ぶことが大切です。 子どもの靴

  2. POINT 2

    靴の種類は、マジックテープやヒモ付きのものを選び、足なりに調節できるようにします。

    子どもの靴

    調節性がなく、サイズの合っていない靴(身体のバランスを崩す原因)

    子どもの靴

    マジックテープ付の靴。調節が可能

  3. POINT 3

    中敷き(インソール)をはずしてサイズが確認できる靴。
    足の大きさは左右で違いますし、朝夕でも違うので、靴だけでは整えられません。
    中敷きで調節することができます。
    子どもの靴
    発育インソール(MIZUNO社製)
    つま先が赤いラインまで来たら靴交換の目安

  4. POINT 4

    靴と土踏まずがぴったり合うこと、
    靴をはいたままつま先をさわって指がキツくない、
    靴全体が軟らかすぎずかかと周りがしっかりしている、ということが大切です。

  5. POINT 5

    最低でも年2回、足のサイズをチェックし、そのときのサイズにあった靴を選ぶことが重要です。
    3歳以降になると、足の成長は平均して年に1cm程度です。すぐに大きくはなりません。

靴を履くときの大切なポイントは「かかと」を合わせることです

  1. 1.両手で靴をしっかり持ち、足を入れます(かかとを踏んではいけません)
  2. 2.つま先を上げて、かかとをとんとんと軽く地面に打ち付けます
  3. 3.ベルト、ヒモをしっかり締めます
  4. 4.歩いてみてブカブカしていないか確かめます
  5. 5.しっかり履けるとつま先もゆったり余裕が出ます


靴を履くときは、かかとで合わせます


つま先を打ち付けて履いてはいけません

「子どもの足の相談」はフットケアトレーナーのいる施設へ

子どもの足は「やわらかいまま」成長します。
子どもの足のためにも、定期的な計測をしておきましょう。

「ファーストシューズ」「入学時の上履き」「クラブ活動のシューズ」の相談がしたい、
「浮き指」「内反小趾」「外反母趾」の心配がある、

そんなときは、

NPOオーソティックスソサエティーのフットケアトレーナー在籍施設にご相談ください。
深刻にならないうちの早めの対処は、その後の身体の健康を保つ上で大きなポイントになります。